TMUポケモンサークル(めとぽけ)@首都大 公式ブログ

2013年に出来た首都大学東京のポケサーです

【オフレポ】めーぽけオフに参加してきました 

 こんにちは。ブレイズです。4月から2年生になります。先の12月からこのサークルの副代表を務めておりますが、サークルのブログへの寄稿はこれが初めてになります。

 去る3/5(土)に明治大学ポケモン研究会さんが開催した、第一回めーぽけオフにサークル員のライカとともに参加してきましたので、そのレポートを書かせていただきます。
 
 私は大学近辺で独り暮らしをしている都合上、多くのオフ会は結構な遠出を強いられるのですが、今回は最寄りが京王線明大前ということで、割りと楽だったのではないでしょうか。(それでも集合9時半は早かった)ですが参加者の皆さんはちゃんと集まってました。ライカも先に着いていました。

IMG_1804.jpg
今回の名札です。カッコいい名札で、これをもらえただけでも行ってよかったといえるかもしれません。
 
 さて、我々は大会に参加すると潰しあいをすることが義務付けられたかの如く、潰しあいをする団体です。サークルの1年生5人で出たポ一大会では2人と3人でそれぞれ潰しあい、ギンさんとパンダの2人だけで行ったばしオフでは2人で潰しあい、という具合に。そして今回も無事潰しあいをしました。サークル内対決はライカが制しましたが、結局2人そろって予選落ちという結果に。(膝を外したメガバシャーモが悪い) そして翌週の福岡遠征ではオフの前に太宰府天満宮に潰しあいしないようにお祈りして来ようという話になりました。(そんな福岡への遠征のレポはこちら→http://tmupoke.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
 
 その後は決勝戦や3位決定戦を観戦したのち、サブイベントのマルチバトル大会に参加しました。ゲンガーがあえてメガシンカせずにあいてのメガクチートを道連れにしていったり、マリルリがカイリューにじゃれつくを外しまくって逆転していたりしたのが印象的だった。またシングル決勝戦でフランス語ロム視点で映してしまったがために技が分からない、という珍現象が発生していたのも印象に残った。マルチでは優勝したペアは2人とも同じパーティー使っていたらしい。私はメガサーナイトで大きな声で叫んでいました。また初手に私がボルトロス、ペアの方がガルーラを選出するのがお決まりと化し、初手ボルトロス+ガルーラの選出でミラーした際は、運営スタッフの方が写真を撮りに来ました。私は笑っていました。また、対戦相手のペアにツイッターでの知り合いが大体いて、とりあえず初めましてと言っていたような。他にもポ一大会で同じブロックだった人がいたりもした。3人でなんか感慨深いなあと言っていた。またポケモンカードゲームを見ていた。(対戦してもよかったのだが)ただ、あまり積極的な交流ができず少し残念ではあった。次来るときはちゃんとしたい。
 
 メインイベントでは予選を突破できず悔しい思いをしましたが、マルチバトル大会はとても楽しいものでした。やはりオフでやるポケモンバトルは楽しいものでした。このオフを開いてくださった明治大学ポケモン研究会の皆さま、予選やマルチバトル大会で対戦してくださった皆さま、ペアになってくださった方、ありがとうございました。またの機会がありましたらよろしくお願いいたします。 
スポンサーサイト

めとぽけ学祭シングル大会振り返り&準優勝構築~メガガルーラは強い~

みやこさい(首都大文化祭)お疲れさまでした!
めとぽけ代表としてとりあえず無事に終わることができたかな、とホッとしているめとぽけの画伯です。


構築記事の前に振り返りします。内容は自己満足なうえにかなり長いのでスキップ推奨(?)
※対戦雑感なので対戦相手のパーティーや使用ポケモンの技などにも言及していますが、すべて対戦相手からの了承は得ております。


これまでオフなどの大会では例えば6人ブロックで5戦やる場合、私は最初3連勝くらいして予選抜けが見えてくると緊張してしまってプレミを連発し2連敗をしてオポネント落ちするというのがデフォルトでした。(8/17第二回SPLオフ、8/18ポnewオフなどがまさにそれ)
そして今回のめとぽけ学祭シングル大会はというと...6人ブロック5戦の予選リーグ、最初3戦はシングル厨優勝のぺーしゅんさんなどにも善戦し3連勝!
ぼく「嫌な予感しかしない」
その後いつも通り2連敗
ぼく「知ってた」
予選最終戦、ゲンガーにスカランドで雪崩当てたらいけそうってときにランドが雪崩を外したときのぼく↓
pFd8T274.jpg

※画像はイメージです
やさしくない世界だ...


その後オポネント集計した結果予選1位抜けだったぼく「やさしいせかい」


決勝トーナメントに進んで初戦は10ヶ月くらい前のポ一大会シングルでぼくの珠アイへガルドの前のピクシーでアイへ全部避けながら縮んで瞑想してボコられた東工大ぽけてっく代表のピヨタカくん、ゲンガーに役割なくなったガルーラ後投げして1回催眠回避、ガルーラは捨てなのでとりあえずメガらず捨て身選択したらもう一度催眠回避してそのままゲンガー突破して勝ち、あのときの運負けは利子マシマシで返したぞ。
次の相手はめとぽけに害悪の印象を植え付けた田螺くん...を破っためとぽけ一年のライカくん、ぼくのスイクンへのお相手(メガしてない)メガヘラクロス後だし時に熱湯火傷引いてくれて勝てました。
準決勝は中央大ポケサーのイケイケ男子ことふりゃーくん、初手は最遅弱保ガルドvs防音ユキノオー、ぼく「下からラスカで殴ったろw」ノオーがメガシンカしまさかの先にラスカしてしまうガルド、ぼく(あ、これ後攻地震でやばい)...ラスカ急所でノオー突破!次のガブを弱保シャドボで倒して降参いただきました、運勝ち。
決勝戦はフリーでポケモンをされているあんぐさんでした。
お相手パーティーにバシャーモが見えたので初手スイクンを即決(バシャ入りには後述するが思考停止で初手スイクンを投げる)したら初手にきたのはボーマンダ。ぼく「冷ビ警戒で引いてくれぇ~(祈りながら身代わりを押す)」ボーマンダ「ぼくメガハイボだよ~(^o^)アアア~(^o^)」このハイボで半分削れてさらに身代わりしてしまったので完全に次のハイボ圏内に。このあとスイクンを切ってスカランドとマンダで軽く殴り合いをし、次ターンリスキーな交換読み交換を決めてジャローダでドリュウズを突破し死に出しマンダにジャロが倒される。ラス1スカランドで雪崩をしてマンダ突破、お相手のラス1はジャロに睨まれて麻痺の入ったカバ。ここからマンダと殴りあったことで死にかけのランドによる雪崩麻痺るみ劇場が始まり、実に陽気ランドの岩雪崩でカバの体力が6~7割削れるまで粘ったがついに動かれて岩封もらって負け。
何だかんだで決勝リーグ勝った試合全て運勝ちみたいな感じですが、勝てば官軍、運も実力のうち、なのです!(ってことにしておこう)


対戦してくださった方々、どうもありがとうございました!

s8GteGZi.jpg

(決勝トーナメントいった方のうち5/12が中央大ポケサーなんやな...さすがPCL決勝トナメいったところは強い)




長い振り返りはここまでにしてここから構築記事っぽいものを書きます(書いたことがない)


使用パーティー
  ライコウ     ランドロス
メガガルーラスイクン
 ジャローダ   aegislash.gif                無題 。。。


ずっと気になっていたライコウランドを使いました。メガリザードンXなんていなかった
軸となるライコウランドに強力な先制技持ちであるガルーラ、耐久寄りのポケモンを見れるノイクン、物理受けから全抜きエースも狙える天邪鬼ジャローダ、最後に後出ししやすくタイマン性能の高い弱保ガルドをいれました。

※準伝説ポケモンのところどころで8nになるような努力値の振り方をしていたり実数値が理想値と異なるところもありますが、自己厳選をしたポケモンたちということで努力値を余らせないように振った結果です。ご理解ください。


【個別解説】(解説できているとは言っていない)

臆病ライコウ@拘り眼鏡
10万ボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/シャドーボール
0-0-0-252-4-252
165-88-95-167-121-183
メガリザードンX使ってたときにクレッフィやボルトロスに114514回電磁波されて殺意を抱いたのでライコウランド使ったら気持ちよくなれるかな、ということで軸に採用。
電磁波が効かない高速アタッカー、とても使いやすかったです。初手ガルーラ対面は裏に電気が通っていればボルチェンでOK(裏にランドスイクンジャロという絶対誰かがゴツメ持ってるだろっていう3匹がいるのでガルから猫が飛んでくることはほとんどなかった)
これで特性威嚇でオーバーヒートできてメガゲンガーより速ければほんとに何も文句なかった、メガライボルトに火力アップアイテム持たせてメガガルーラと同時選出してぇ

陽気ランドロス@拘りスカーフ
地震/岩雪崩/とんぼ返り/馬鹿力
4-212-52-0-4-236
165-192-117-107-99-155
電磁波で止まらない高速アタッカーその2
Sは準速ガブ抜き、Aは無振りガブを地震で確定2発、Bは陽気ガブの逆鱗威嚇込み高乱数で2耐えする程度
最初showdown!でライコウランド回し始めたときはテンプレの腕白ゴツメで使っていたのですが、HP管理が難しくて頭の悪いぼくにはうまく使いこなせなかったので、少しでも体力残ってれば仕事のできるスカーフにしてみたらレート伸びました。構築的に(特にライコウが)バシャ、スカガブがつらいのでそれらにタイマンで上から殴り勝てる陽気スカーフ、ゴツメランドと違ってガルーラにゴツメに触ってもらうという受動的対策ではなく、馬鹿力で倒しにいくという能動的対策になったのが強かったと思います。(なお陽気のため、無振りメガガルに確定2、ライコウのボルチェンやこちらのガルの猫と合わせてなんやかんやします)

意地っ張りガルーラ@メガストーン
猫だまし/捨て身タックル/炎のパンチ/不意打ち
4-252-0-0-0-252
181-161-100-54-100-142(メガ前)
181-194-120-72-120-152(メガ後)
The・ポケモン
強い
AS珠けたぐりゲッコvsこのガルーラの対面はガルの猫不意でゲッコがいい乱数で飛ぶので有利対面です。(池沼)
炎のパンチはこのパーティーで重たいハッサムナットを見ています。(意地ASだけどゴツメに触らない文字のが良いかもしれない、諸説)
猫捨て身の火力は...気持ちよかったです。
主にサザンドラ、フシギバナ、ローブシンなどを処理するのがお仕事ですが、後だしはほとんどできないのでうまく交換読みを決めるかとんボルから出していきます。(これらをうまくガルーラと対面させられないと、特に眼鏡サザンなどには圧力かけられてとてもつらくなる)
先発ライコウやスイクンが相手のブシンと対面してしまったときには「ゆーてここは叩きやろーwww」って素ガルーラを後投げします

図太いスイクン@食べ残し
熱湯/毒々/守る/身代わり
252-0-88-0-4-164
207-72-160-110-136-126
受けループに殺意マン、身代わりがグライオンの地震を耐えるやつ。
相手パーティーにバシャーモがいたときはこいつを積極的に初手に出して身代わりを狙っていきます。(こちらスイクン以外のライコウランドガルーラジャロガルドはバシャの技構成次第ではイージー3タテを目指せるためとても初手にきやすい、それを逆手にとって身代わり→毒守のパターンに持っていく)
ピクシーなどを毒で処理する枠でもある。冷凍ビームと吠えるの技スペをくれ

臆病ジャローダ@ゴツゴツメット
リーフストーム/リフレクター/蛇にらみ/光合成
244-0-92-0-0-172
181-72-127-95-115-170
Sはガブ抜き、残りHB振り分け、ガルガブに上からリフ貼ってなんやかんやするやつ
このポケモンは適当にテンプレを探して持ってきたものです。結論からいうとこいつの努力値振りは完全に失敗でした。こいつが最速かせめて素ゲンガー抜きしてくれてればまだ勝てた可能性がある勝負が多すぎてとてもつらい...どうして再育成してないのかって?面倒だったからです、はい
また、これは個人的な考えですが、ガブまでしか抜いてないと蛇にらみはあまり撃つ機会がないのでガブ抜き調整ならピクシーの起点にならない挑発の方がいいと思います。(技も努力値振りもガバガバ)

冷静ギルガルド@弱点保険
シャドーボール/ラスターカノン/影うち/キングシールド
252-4-0-252-0-0
167-71-170-112-170-58(シールド)
167-171-70-222-70-58(ブレード)
古き良き時代のギルガルド
最テンプレにして最強
重たいポケモン(特にボーマンダ)の処理を担当、普通に殴り合いにめちゃ強くて偉い
択ゲーを制して君もフレドラメガバシャを弱保ガルドで倒そう!(ヤクザ)


重たいポケモン:ゲンガー、マンムー、サザンドラ、ローブシン、フシギバナ(受けれるポケモンがいない、もしくは少ない)、モロバレル(処理手段に乏しい)、ヒードラン、バンギラス(有効打持ちが少ない)、メガボーマンダ、メガギャラドス(舞われると止められない)といったポケモンたちがメジャーなところです(ガルーラにあと3~4つ技スペくれたらだいたい解決する)
また吠えれるポケモンがいないのでバトンタッチ展開なども苦手です。


先発はだいたいライコウかランドロス、とんボルから展開していきます。
サザンドラローブシンフシギバナ入りにはこいつらを後だしから処理することがなかなか絶望的なのでガルから入ります。バシャ入りには思考停止スイクンです。
基本はライコウランドで回してガルーラの猫不意で〆、もしくは逆にガルーラの捨て身で削ってライコウランドの圏内にいれることもあります。
どうしてもつらいポケモンに対してはスイクンジャローダのスリップダメージとギルガルドの弱保の火力でなんとか対応します。(適当)

大会選出率
ライコウ:5/9
ランドロス:5/9
ガルーラ:5/9
スイクン:6/9
ジャローダ:3/9
ギルガルド:3/9
ライコウランドでサイクルしながら圧力をかけてガルーラで抜いていく理想の動きかたがまぁできたと思います。()


今回の大会では運もありましたが、人生2度目の予選リーグ抜けだけでなく決勝の舞台まで勝ち上がることができてとても嬉しいし満足しています。(次はメガリザードンXと結果出そうな!)
また、去年は身内で人数稼いで十数人規模の参加者の学祭大会だったのに今年は外部からもたくさん参加していただけて36人という本当に想定外の規模にすることができました。想定外過ぎて椅子が足らなくなりました。(ありがとうございます。そして準備不足でした、申し訳ありません。来年の反省として生かします)
めとぽけ代表になってからそろそろ一年経ちますが、この一年間そこそこサークルの売名活動頑張ったと思うし、この規模の大会にできたのもそのおかげだと勝手に自己評価しています。(傲慢)


最後に、大会に参加、見学に来ていただいた方、手伝ってくれためとぽけのサークル員皆に感謝して記事を〆ようと思います。
本当にありがとうございました
(めとぽけ代表、めとぽけの画伯)

春ポニオフレポ

こんにちはー、にわとり(けんすけ)です。
そろそろにわとりの名前を使うことが板についてきたので、これからはブログでもにわとりでいきます。

さて、3/25に、元重役コンビの吾妻とインドアに誘われて春ポニに参加してきました!ポケサー二年生のオフでポニオフ、それの春バージョンだから春ポニですね。
形式としては参加者の中でシングル担当、ダブル担当の人でクジによってペアを組み、マルチ・シングル・ダブルの3ルールを戦い抜きペア単位での優勝を目指すというものでした。3ルールやって2回勝てば勝ちっていうのはPCLを彷彿とさせますね。

結果は全員が予選を抜けて、なんと僕にいたっては優勝することができました!やったぜ!!
正直全部一緒に組んだチャキさんのおかげです本当にありがとうございます

僕はシングル担当でエントリーして主催のチャキさんとペア、吾妻とインドアはダブルとシングルでエントリーして運よくそこで身内ペアになってました。初めましてごっこしてたの笑ったww

以下簡単に自分用の振り返りも兼ねて使用構築と対戦レポ書きます
マルチが4勝4敗シングルが4勝4敗なので、完全にチャキさんのダブル構築のほうが価値ある(公開するのか知らないけど)


マルチ

にわとり側
ニョロトノ控えめHBベース@しめったいわ
てだすけ ねっとう 冷ビ まもる

キングドラ控えめCS@メガネ
ハイポン 冷ビ 竜波 だくりゅう

クチート意地っ張りHAS@メガ石
ふいうち アイへ ほのおのキバ はたきおとす

ゲンガー臆病CS@襷
シャドボ ヘドばく ちょうはつ おにび

ファイアロー(NN にわとり)意地っ張りAS@ハチマキ
とんぼ フレドラ ブレバ ねごと

ランドロス(霊獣)陽気ASベース@スカーフ
がんせきふうじ じしん いわなだれ ばかぢから

チャキさん側
レパルダス ブルンゲル メガガルーラ 以下割愛
ねこのてでしおふきしか出ないようになってる。


雨ねこのてしおふきがしたいというチャキさんの提案で雨。クチートはまもる入れたかったけどダブル初心者だから切る技がわからない。ランドのふうじは向こうのリザの隣がワイガとかしてきそうだったらぶち込んでやるぜウェーイwてなかんじで入れたけど一回も撃たなかった。哀しみ。アロー出すとお相手が名前で笑ってくれるので良かった。オレ自身がポケモンになることだ
時間なくてオフ前に一回もまわせなかったのでぶっつけだった。

シングル

クレッフィ穏やかHDベース@残飯
みがわり でんじは いばる イカサマ

ゲンガー臆病CS@メガ石
みがわり きあいだま さいみんじゅつ たたりめ

サザンドラ臆病CS@ゴツメ
あくのはどう めざ氷 ちょうはつ はねやすめ

ランドロス(霊獣)
マルチと同じ

ピクシー図太いHB@アッキ
つきのひかり ムンフォ ちいさくなる めいそう

ヤミラミ(NN 20ルピー)能天気HB@襷
おにび ちょうはつ じゅうりょく メタルバースト

本当は新しい構築使いたかったけど全く思いつかなかったので学内大会の時の重力催眠を流用。 メガヤミラミ重すぎでピクシー入れたかったからクレッフィも入れたら見た目が「うわぁー…w」ってかんじになった
ハピラキも重すぎるので純正受けルに勝てるんじゃね?って思ったサザンドラを育成して投入。一回も受けルにあたらなかったからこいつちゃんと機能するのかいまだに分かんない。
ほとんどヤミラミゲンガーランドしか選出しなかった。

対戦レポ
ダブルはチャキさんが全勝したのでマルチかシングルで勝てば勝ちなゲームでした。チャキさん強い。

予選

1戦目 勝ち
マルチ 負け
vsみゅんさん&てつかさん
リザYが見えたのでそれなりに戦えそうなランドアローゲンガーを選出。チャキさんのしおふきレパ選出と全く噛み合わず負け。しまった。

シングル 勝ち
vsみゅんさん
「マルチ負けたけどシングルとダブルで勝てばいんですよ」なんてチャキさんと話してほんとに勝てた。
ヤミラミでヒードラン落としてランドに鬼火いれて、ゲンガーでランドとガルーラ落として勝ち。催眠は外したけど気合玉は当てた。

2戦目 勝ち
マルチ 勝ち
vsデスニキさん&しげりさん
初戦の反省を生かして初手ランド裏にニョロトノでいくことに。全体的に雪崩で怯ませまくったり運が良かった印象。ほぼ勝ち確になった状況で油断したプレイングして負け筋を増やしてしまった。勝てたから良かったものの、プレイング改善すべき。

シングル 勝ち
vsデスニキさん
ゾロアーク入りでびびる。初手クレッフィヤミラミ対面で迷ったけどとりあえずどちらにもそこそこ入るおにびを選択。結果ゾロアークでらっきーってかんじだった(クレフで身代わりだったらやばかった)。あとはじゅうりょくしてランドが上から3タテして勝ち。じゅうりょく下とは言えちいさくなるにもいばるにも屈しなかったので偉かった。

3戦目 負け
マルチ 負け
vsだいわさん&紺屋シノウさん
順調に雨しおふきを決めて向こう側をだいわさんだけに追い込む。しかし、pp切れでダイビングしか撃てなくなってしまったブルンゲルとニョロトノではみがまもドランが突破できず負け。

シングル 負け
vsだいわさん
ヤミラミゲンガーサザン選出(←ランドが刺さってなかったので苦肉の策)
初手霊獣トルネロスでびびる。流れるようなぼうふう混乱自傷でヤミラミ無償突破されてさらにびびる。トルネロスとらうま。
ゲンガーでぼうふう避けて催眠あててトルネ突破。向こうもゲンガー出てきて怖かったからサザンをブラフにみちづれしてもらおうと思ってサザン投げる。成功。ラス1ニョロトノに催眠外して滅ばれて負け。

4戦目 勝ち
マルチ 勝ち
vsこてっちゃんさん&ざんくさん
岩雪崩のゴミみたいなダメージをチャキさんのメガガルーラがカウンターしたんですが「全然入んないだろうなー」って思って見てたら4倍にして返してて笑ったwwメガガルーラはつよいw
お相手さんのパーティはなんか二人で似たメンツを揃えてきてて並んでしんでいくランドロスやリザードンの光景が面白かったです。ねこのてしおふきはハマれば強い!

シングル 負け
vsこてっちゃんさん
鬼火外しはありましたが、運負けというよりは選出とプレイングで負けていたかんじだと思います。
こうすれば勝ててたというのが無いから特に言うことが無い。カバとかドリュとかきつかった。

5戦目 負け
マルチ 負け
vsせなさん&みっちゃんさん
選出時間が迫って焦って手癖でいつも押してたランドトノアローを押してしまう。クチートのほうが刺さってたからアローよりクチートを出すべきだった。痛恨のミス。ギャラとかマリルリとかナットとかしおふきの通りが悪くてつらかった印象。急所にはよく当てて運は良かったからもう完全にオレのせい。ごめんなさいでした。

シングル 負け
vsせなさん
パルシェンどちゃ重。というかバシャパルシェンガルーラという重すぎる相手でした。
初手はヤミラミでバシャにメタバを決め、パルシェンにちょうはつ決めて破らせず、つぶてで落ちてゲンガーだしてたたりめ押しててガルーラに引かれ(きあいだま撃とうかなとおもったけど外しが怖くて撃てないところが弱い)ランドだしたりなんのかんのありつつ無限にAが上がったガルーラに催眠2回外して負けました。当たってても勝てたかどうか分かんないから普通に負け。あんまりじゅうりょく出来てないな…


ここで予選が終わる。3-2で同率相手に個別勝利数で勝って2位抜け。余談ですが各リーグの名前がアイカツリーグとかプリパラリーグとか独創的でした。ぼくはプリパラリーグでした。みんな女児なのね。

決勝トーナメント
各女児向けアニメの名を冠した4リーグから2ペアずつが決勝トーナメントに進出しました。つまり3回勝てば優勝。

初戦 勝ち
なんと吾妻とインドアのペアにあたって笑う。
すごいアットホームな雰囲気でリラックスしてやれた。友達って良いわやっぱ。

マルチ 勝ち
vs吾妻&インドア
雨ミラー。4人中3人がニョロトノ入れてたから誰か連れてくるだろうと思ってゲンガーグドラアロー選出。
初手トノルンパ対レパルゲンガー対面。トノが速くてびびったけど落ちたのはレパルで襷ゲンガーでルンパを落とす。一般的なレパルゲンガーを偽装したことが功を奏してメガ枠だと思わせれたらしい。後は上からだくりゅうとしおふきでゴリ押し。途中で素催眠ゲンガーが2発催眠当ててきてファーwwwって思ったけどきあいだま外してくれたのでイーブン。
最後はアローとガルーラでランドを落として勝ち。

シングル 負け
vsインドア
身内だしギミックばれてそうだなーと思ったのでクレッフィピクシー選出(初)。初手マンムーに出せるゲンガーを添えた。
初手マンムークレッフィ対面。ゲンガー投げて催眠撃ったら交換で出てきたガルーラに当たる。きあいだまも全部当ててみがわり残しつつガルーラ突破。死にだし襷ゲンガーをたたりめ2発で突破し、出てきたマンムーにもう削っとけば勝てるだろと思ってひよってたたりめ撃つ。かなり削ってじしんで退場。ラムだとは思うけどいちおうクレッフィでいばっとくかーと思って威張る外して退場。ラス1アッキピクシーで倒そうと思ったらなんとじわれがクリーンヒットしてご臨終。クソゲーにつぐクソゲーってかんじの試合で、負けたけどめっちゃ楽しかった。

準決勝 勝ち
マルチ 勝ち
vsまつやんさん&#ミルホッグさんさん
ランドのめざ氷でランドが落とされる事案が発生。いや、運よくと言うべきか。そのおかげでニョロトノを死にだしすることができ、レパのしおふきで一気に制圧していった。向こうは夢のリザYメガヘル構築だったが、リザが出た後にまたトノで雨にして勝ち。

シングル 勝ち
vsまつやんさん
ランドがあまり刺さっていなかったのでヤミラミゲンガークレッフィ選出。初手ヒードランヤミラミ対面。オバヒメタバでドランを落とし、向こうはマリルリ。こちらのヤミラミはマリルリを抜いていないのでとりあえずクレッフィにバックしでんじはを入れ落ちてもらう。ヤミラミだしてじゅうりょくして死にだしゲンガー。たきのぼりアクジェを耐えないので麻痺バグを一回は引かなければならない状況だったが、ここでお相手がクレセにバックするというプレミをしてくれたためクレセを眠らせて身代わりを貼って倒すという麻痺バグより高い確率で勝てる勝ち筋をとれた。そのようにして勝ち。試合後、お相手がヤミラミのメガっぽく見えるニックネームと配置を褒めてくれた。

決勝 勝ち
決勝戦はモニターに映されました。
マルチ 負け
vsたぷたぷさん&あぐのむさん
初手にニンフィアというポケモンがでてきてしおふきでおとせなさそうだったので一回交換でしのいで削ってトノレパ揃えてしおふくかんじかなーと思ってクチート(20振りニンフィア抜き)に引いたのですがお隣はしおをふいてました。完全に無駄な行動をしてしまってプレミ。レパがやられてブルンが死にだしされたのでトノバック。最初からトノバックしてればレパしおふきからてだすけブルンしおふきで強かった。プレミが響いて順当に負け。

シングル 勝ち
vsたぷたぷさん
ここで勝たねば後がない。いつもの重力催眠選出。
初手ニンフィアにメタルバーストが決まり会場が沸く。
大会通してどうにも襷だと対戦相手に思われたことはあまり無かったらしい(観客の一部にはバレてた)
バシャが出てきて(めざ氷持ってたらやばいなー)とか思いながらS上げ防止と剣舞防止にとりあえずちょうはつを撃つ。
したらめざ氷がとんできて一瞬びびる。しかしちょうはつが入った今ならまもれないためようきスカーフランドで上から殴り続けられるのでランドを出す。引かれるかと思ったがじしんが通ってバシャが落ち喜ぶ。ラス1ガルーラがゲンガーに有効打なかったので(ふいうち以外)眠らせてきあいだま当てて勝ち。バシャが初ターンで守らなかったというお相手のプレミのおかげでなんとか勝つことができた。

この後チャキさんが最後にダブルに勝って、主催が最後を飾るという綺麗な締め方をすることとなった。(自演優勝とか言わない)




二次会はお好み焼きともんじゃの食べ放題飲み放題でした。チャキさんが一杯で顔真っ赤になってたりkaiくんがもんじゃ焼いてくれたり#ミルホッグさんさんとsplとかうちの画伯の話をしたりカレーもんじゃが突破できなかったりしてました。あと無限にっていう言葉が無限に便利過ぎてずっと無限とか虚無とかみんなで言ってた。やー、楽しかったです。

最後に、オフを開いてくださった運営の皆さま、戦ったりお話してくれた参加者の皆さまにお礼を申し上げたいと思います。
春ポニめっちゃ楽しかったです。ありがとうございました!

※皆さんのハンドルネームと使用ポケモンをざっくり書いてしまいましたが、もし問題あったら言って下さればお名前消します。@niwatoriyagiまでご連絡を。


第4回首都大学内大会優勝構築

こんちわーピースでーす
対戦してくれた方、マルチに参加してくれた方ありがとうございました。



俺がっ・・・!首都大さいつよだっ・・・!

以下使用構築

ガブリアス@たすき
地震 がんぷー 逆鱗 ステロ
陽気AS252 H4
テンプレステロガブ。HP184wwwwwwwwww

カイリュー@珠
逆鱗 地震 神速 龍舞
意地 H52 A204 B20 D4 S228
1舞オンバーン抜きの火力キチガイ。マルスケは舞うためのものと割り切ってサイクルで有利対面からどんどんドラゴンダンスしていく。ガブの補助から舞って場を破壊する、もしくはバシャとかを起点にするちょーかわいいポケモン。くぅー!たまらん!

ガルーラ@メガ石
恩返し 地震 冷P 雪崩
陽気AS252
ステロ補助で相手のポケモンを破壊かサンダーとかギャラに雪崩クソゲーとかしようと思ってた。威圧感しゅごい!

エンテイ@チョッキ
聖炎 ニトチャ じならし エッジ
陽気 H100 A252 B4 D52 S100
努力値配分の見た目にもこだわってこそ一流。今回のMVP。ORAS産理想個体。ニトチャでメガミミまで抜ける調整。Dは眼鏡ニンフィアのハイボ4耐え。0.1%で乱数3発。役割対象はゲンガーガモスリザYとかその辺で、50%のやけどガチャをサイクルで仕掛けられるので交換先への圧力がしゅんごい。努力値は全部スパトレでやったし経験値バーは初期状態だから自覚の塊。マンムーバンギは火傷引く前提で有利対面なんですよ分かりますかね。空元気はやめてくれ。武神後出しは実際そんなにつらくなかったりする。なぜならやけど引いて聖炎2回で大体死ぬから!意地ツモった奴はそれ厳選やり直し。

ナットレイ@ゴツメ
ウィップ やどりぎ ステロ 守る
腕白HB252
接触対策だった。だった。タイプ受けと胞子対策担当。ステロと宿り木で、見ろ!相手のHPがゴミのようだ!

サーナイト@石
ハイボ サイコキネシス めざ地 挑発
控えめ H76 B4 C252 S172
火力お化けかわいい!ポリ2は大体確2。メガ後最速ドラン抜き。ステロ展開の構築などには初手で出していく。挑発の汎用性は高く、割と刺さってたイメージ。

基本選出
ガブカイリュー+メガどちらか
エンテイナットサナ
氷重めならガブカイリューにナットかエンテイ

感想
予選では相手のプレミに助けられたり、特性で辛くない方とのマッチだったり、決勝ではエンテイが最速おっきしたり、勝ち筋が勝手に転がってきた感じでした。決勝もギミック分かってるにわとりだったし運否天賦でした。こちらは基本選出を厚めに作り、勝ちへのルートを多角化させ、相手の役割を放棄させることに重点を置いていたのでそこの差でしょうかね。ただ数値受けできるPTではなく地震の通りが結構いいので、引きたい時に引けないことが何回かありました。その辺はちょっと練り直す必要があるのかもしれないです。あとラム持ちがいないことで状態異常対策の薄さが諸所見受けられたので、変更するとしたらナットあたり面白いポコモンを考えてみたいなと思っています。最後に運営してくれたサークルのメンバーにも感謝をば。

使わなかったけどサザンドラへの愛は本物だからねっ!



大会用に育成したポケモン 0匹
構築の試運転回数 0回
構築時間 京王稲田堤、南大沢間の約10分

ポ一大会使用構築

 初執筆になります、今回の記事担当のギンです。ついに執筆の機会が回ってきました。
去る1月10日、11日に全国のポケモンサークルの一年生が参加するポ一大会(ポーではない)が開催され、私を含め3人が首都大ポケサーから参加しました。
 私の結果は47人中ベスト8でした。どうもパッとしない数字ですが折角なので構築を晒します。

【ナマコスタンVer1.0】
ポケモン性格・努力値技1技2技3技4持ち物
ボーマンダ控えめCS流星群ハイパーボイス大文字地震
ナットレイ腕白HBベースアイアンヘッドパワーウィップ宿り木の種電磁波食べ残し
ゲッコウガ臆病CSハイドロポンプ冷凍ビーム悪の波動草結び命の珠
ファイアロー意地HAブレイブバードフレアドライブ挑発剣の舞青空プレート
ギルガルド冷静HCシャドーボール聖なる剣影打ちキングシールド弱点保険
マンムー陽気AS地震氷柱針氷の礫岩石封じ気合の襷


【パーティ概要】
 範囲が広く素早さの高いメガボーマンダとゲッコウガをベースに、この2匹で対応のしにくいポリゴン2やラッキー、ボルトロスなどをナットレイをはじめとした周りのポケモンでカバーする構築。またナットレイには電磁波でゲッコウガやスカーフ持ちなどの足を奪い、メガボーマンダとゲッコウガを動きやすくする役割もあった。因みに、「ナ」ットレイ、ボー「マ」ンダ、ゲッ「コ」ウガでナマコスタンである。
 最高レートは1750くらいです()以下個別解説です。


【個別解説】
salamence-mega.gif
メガボーマンダ
実数値
メガ前:171-135-100-178-100-152
メガ後:171-144-150-189-110-172
 この構築のメガ枠でありパーティの軸。当初は竜舞物理型で運用していたが、壁を貼っても積む隙の攻撃と捨て身の反動ダメで非常に場持ちが悪く、結局全抜き出来ないことが多かったこと、また技スペ的に炎技を採用するのが厳しく、ナットレイに麻痺をまかれて機能停止したりガルドを落としきれず反撃で死んだりスるケースが多かったことから、鋼に刺さる大文字と単純に性能の高いハイパーボイスを高火力で打てる特殊型にした。
 やはり物理型のイメージが強いせいか、威嚇HBベースのギャラドスやスリップダメージを入れられるナットレイなどを尽くカモに出来たのでいい刺さり具合だったと思う(H振りギャラがスキンハイボで確2)。またメガ前の特性威嚇が非常に優秀で耐久無振りでも楽に後出しして高火力ハイボを押し付けられたのは大きい。
 シングルでスキンハイボを使うポケモンを初めて使ったが、この技の性能が高すぎた。まして一貫しやすい飛行タイプだったので安定択として採用しやすい。流星群を打つ機会はほとんどないが龍の波動だとC特化でも火力が足りないのでどうしようもないジレンマがある。

ferrothorn.gif
ナットレイ
実数値 181-114-187-x-150-40
 メガボーマンダとゲッコウガが共通して対処のしにくいマリルリ、スカーフを持ったドラゴンやランドロス、ポリゴン2などの耐久型に対して宿り木の種を撒いて処理し、相手のゲッコウガ、交代際のリザードン、ファイアロー、バシャーモなどに電磁波を入れてエース二枚が仕事をしやすくするポケモン。また電磁波とアイアンヘッドによるこのパーティ唯一のクソゲー枠であった。相手の物理アタッカーに後出しして鉄の刺によるスリップダメージでメガボーマンダとゲッコウガの攻撃の圏内に入れることもあった。電磁波を入れても上から動けない相手が多かったので、せめてメガガルーラくらい抜けるまでSにまわしても良かったかもしれない。あと身代わりスイクンに対抗できる種ガンを採用するという説もある。

greninja.gif
ゲッコウガ
実数値 148-x-87-155-91-179
 このパーティの二枚目の軸。言わずと知れた素早さと範囲の広さから、先発要員として非常に大きな役割を持つ。ラグマンダ、ラグカイロスといった構築をこの一匹で壊滅に追い込めるのも強力。また、後続として使用することでマンダで対処のできないスイクンを、後投げから草結びで殺せるという大きな強みがあった。また対面からならボルトロスやサンダーにも強力に打点を確保できたため、メガボーマンダとの相性は非常に良かったように思う。これ以上語ることはあまりない。

talonflame.gif
ファイアロー
実数値 153-146-92-x-89-178
 上3枚で削ったポケモンを最後に一掃したり、ミミロップやバシャーモといった、上からマンダゲッコを殴れてナットにも強いポケモンに対する強力な牽制。スカーフを持った高速アタッカーのいない構築で、ただでさえ重いスカーフ霊獣ランドを問答無用で上から殴れるのはやはり強い。挑発で積みの起点にされることもなく、また自身が剣の舞を積むことで抜きエースとなることもできた(やはり場持ちは非常に悪い)。持ち物の都合でゲッコウガを一方的に殺すことが出来なかったため、珠や鉢巻の方が運用はしやすかっただろう。

aegislash.gif
ギルガルド
実数値
シールド:167-70-171-112-170-58
ブレード:167-170-71-222-70-58
 シャドーボールによるゲンガーへの打点確保、また聖なる剣で積み技を積んだポケモンを問答無用で殴る駒。正直選出機会はそれほどなかった。バンギラスも殆ど見ることはなかったし、なにより積ませる前に大方殴って倒してしまうことが多かった。当初はめざ炎持ちメガサーナイトなどを意識して、ラスターカノンを採用していたが、ピクシーに積まれた時のために聖なる剣を採用。なお選出されることは殆どなかった模様。ガルドとある程度以上戦えるポケモンはナマコの三匹にそれほど強くないケースが多かったので、選出誘導としては非常に優秀であった。

mamoswine.gif
マンムー
実数値 186-182-100-x-80-145
 まだマンダが竜舞物理型だったころ、ステロ要員として採用していた個体。初手でマンダに上を取ってくるガブや対処のしづらい霊獣ランド、サンダー、ボルトロスなどへの解答として採用。初手で投げて有利対面ならば交換読みで岩封を打つことで、後出ししてくる上記のポケモンやファイアロー、リザードンなどをノーコストで殺してしまえるというのも強みであった。教えてくれた某氏に感謝。


【使用感や選出など】
 まずパーティ全体を通じて水ロトムの対処が非常に難しいパーティであった。ナットレイ以外では打点が出ず、そのナットレイも鬼火を入れられてしまうとダメージを出せない状況に陥ってしまう。結局ゲッコウガの悪の波動やメガマンダの流星群で倒すという処理になってしまうことが多かった。また、マンムーの襷が削れてしまうと積みエースに全抜きされかねない状況が多く、これもなかなか大きな不安要素である。また、ゲッコウガが比較的重く、ナットが削れているとそのまま殺されてしまうこともあるので注意しなければならない。
 しかし、先発ゲッコウガで一匹倒して後発を大きく削る→後発にナットを投げて交換際に電磁波→マンダで2タテ、といったルートや、ポリ2をナットレイで倒してからゲッコマンダで一匹ずつ倒す、というルートに嵌ってしまうとその強さは圧倒的で、完全に積みの状況を作るケースも多かった。
 選出は、ゲッコウガナットマンダの基本ナマコ選出と、ナットマンダ+マンムーという2パターンが多かった。持ち物のなど都合上、アローとガルドはパーティと相性が悪かったのか選出した時の勝率が5割を切っている。

【大会の結果】
 予選リーグを4-1で抜けて決勝トーナメント一回戦で負けてベスト8で終了です() ちなみにダブルも出場しましたがこれは予選落ちです()


 最後まで読んでくださった方ありがとうございました。二日間にわたってポ一大会を運営してくれたSPL(埼玉大学ポケモンサークル)のとまと氏、お疲れ様でした。こういった大会には積極的に参加していきたいですね。
次のページ

FC2Ad